再生紙の使い道について考えてみよう

>

中古品とはまた違うメーカー再生品とは何か

メーカー再生品のメリット

メーカー再生品のメリットは、何といっても価格の安さです。
しかもメーカー保証も新品同様につくという付加価値もあります。初期不良で返品された場合、その不具合はメーカーで新しい部品に交換されるので新品同様になりしかも手厚いサポートも受けられるのであれば何も言うことはないのではないでしょうか。しかも初期不良であれば、製品もあまり劣化してないのでほとんど新品同様の状態で安く手に入るという点は大きなメリットになるかと思います。
メーカー側としても、廃棄処分にしてしまうと処分費用がかかってしまうため、修理費用のみでしかも利益も出るメーカー再生品の販売は大きなメリットになります。販売者も購入者も満足できるよう、製品管理は徹底して行っていきましょう。

メーカー再生品のデメリット

メーカー再生品は新品同様でも新品ではありません。
展示品として店頭に出ていたものや一度は開封された製品なので、多少の傷や汚れはつきものです。ですのでネットで購入されるのはお勧めできません。
写真では分からない傷や汚れなどがある場合もあるので、そういった製品はメーカー直営店などで直接ご覧になってから購入されることをお勧めします。ネットで購入し、家に届いてみたら何だか思ったより傷が大きかったなどということもあり得る話なので注意が必要です。
その他にも、販売台数に限りがあること、自分が欲しい製品が必ずあるわけではないということも頭に入れておいた方が良いでしょう。新品でしたら気に入った製品を手に入れることが出来ますが、メーカー再生品はそういうわけにはいきません。何か不都合がないと返されない物なので、どうしても欲しい型があるのなら、素直に新品を購入されたほうが良いと思います。


TOPへ戻る